カジノ 大当たり 日本人

カジノ 大当たり 日本人

「皆さんが楽しそうで嬉しく思います

雷獣は何を食べて生きているのですか? やはりガラスなのでしょうか?」 ガラス畑で働いている奴隷達の様子に安心したようで、ノアは落ち着き質問を再開した

「いいえ

肉ですね

雷獣は、脂身を好んで食べるので、安く餌の手配ができます

あなたも好きかも:名古屋 バカラ カジノ
その点は助かっております

雷獣は冒険者たちに頼んで集めることが多いですかね」「ガラスを食べるのではないのですね」「はは

そうですね

あなたも好きかも:パチンコ 大府 共和駅
さすがの雷獣も、ガラスは堅いので食べたくないのでしょう

では、少し失礼」 彼女はひらりと馬から飛び降りると、すごい勢いでガラス畑に走っていく、そしてスルスルと雷獣の間を駆け抜け、そしてガラスを一つ拾い上げ戻ってきた

 流れるような動きの見事さに、彼女はやはりこの畑の主なのだということに思い知る

「ノアサリーナ様、手を」「こうでしょうか?」 手を広げたノアに対し、彼女は微笑むと、ノアの手のひらにうす黄色の石を置いた

「これは採れたてのガラスでございます」 あれがガラス? 思ったよりも透明ではない

あなたも好きかも:パチンコ そうてん
 やや汚れた黄土色をした石にしかみえない

 ガラスという言葉からイメージする印象とは大きく違う

「これがガラスなのですね

私が知ってるガラスとは少し違います」 ノアもオレと同じ感想を持ったようだ

 困惑が隠せないという様子で、感想を漏らす

「でしょう