川崎 パチスロ イベント

川崎 パチスロ イベント

 崖っぷちギリギリのそこで座り込んで何かを見ている白川に、対岸の優樹と一平は顔を見合わせ、彼を見上げた

「……マー君! 何か見つけたの!?」 優樹の声に白川は答えることなく崖下に身を乗り出して顔を覗かせると、ちょうど真下、岩場に掴まっている反町に眉を寄せた

「危ないぞーっ?」「で、何か見つけたのかっ?」 岩に掴まったまま見上げて尋ねると、白川は訝しげに足下を指差した

「なんかさぁーっ、ここに変な跡があるンだーっ」「……ヘンなあと?」「なんだろうなー……っ

ヘンな跡なんだよっ

んー……とっ、長細い何かで地面を掘ったみたいなそんな跡ーっ」 反町に顔をしかめられ、白川は「……うーんっ」と、眉間にしわを寄せて頭を悩ませた

「だから、……なんて言えばいいんだろうなーっ

あなたも好きかも:まどかマギカ スロット 設置店
……釘みたいなので地面を掘ってるんだっ

……少しだけどっ

あなたも好きかも:まどかマギカ スロット 悪魔ほむら
長細い穴があってっ、その周りに土が飛び散ってるって感じっ

……風にも飛ばされてないし最近っぽいぞっ」「……大きさ的にはっ? 穴の直径っ」「……2センチくらいかなーっ

深さは……結構あるっ

オレの指が入るくらいっ

……んで、なんて言うかっ……斜めに穴が削られててっ……」「その穴以外には何もないかっ?」「奥の方に望遠鏡が立てられてるっ

ちゃんと三脚に乗せてあるぞーっ」「誰のモノか名前とか書いてないっ?」「ちょっと待ってろよー!」と、白川は立ち上がって望遠鏡へと足早に近寄った

綺麗に三脚に立てられたそれを触れることなくマジマジと見つめていると、マジックで書かれたような文字が――

「……マナブってローマ字で書いてあるぞーっ! ……けどこいつデコボコしてるしっ……壊れてるーっ!」 大きく告げられた報告に、「……壊れてる?」と、反町も、そしてその下で待つ洋一も、優樹も一平も顔をしかめた

「何かにぶつけたみたいにいろんなトコがデコボコしてるんだっ! レンズもヒビ割れしてるしさー!」 望遠鏡の外部、スチールかアルミかで覆われたそこには、数カ所、擦ったような痕と大きく凹んだところがある

長年使って出来た傷とは違うような……