鬼武者 パチンコ 保留

鬼武者 パチンコ 保留

それがなによりも嬉しかった

「わたくしが側に居ります故、ご安心のほどを……」「うん」 素直にうなずいて、セツナはそのまま目を閉じた

 その瞬間、漠然とした闇が意識を包み込み、彼を眠りの国へと誘った

あなたも好きかも:スロット 峰不二子 天井
 東の空が白み始めている

 朝が来ようとしているのだ

 あれからどれほどの時間が経過したのか

 全身が灼き尽くされるような痛みは消えるどころか烈しくなる一方だった

あなたも好きかも:パチンコ 新台 バキ
体の表面だけではない

体内、肉体を構成するすべての要素を灼き尽くし、その上で精神体までも蹂躙していくかの如くであり、彼は、なにが起こっているのかわからないまま、地を這いずるようにして移動していた

 自分がどこへ向かっているのか、自分がなにをしているのかさえ、わかっていない

 ただ、行かなければならない

 ここではないどこかへ、向かわなければならない

あなたも好きかも:軍団 ぱちんこ
「許さぬ……許さぬぞ……セツナ……セツナ=カミヤ……!」 彼は、燃えたぎる体を抱えるようにして、地平の果まで続く荒野を進んでいた

ここがイルス・ヴァレのいずれなのかも判然としていない

全身を激痛に苛まれ始めたことで、彼は戦いの継続を諦めざるを得なくなった

それ故戦場から離脱したのだが、その情けなさたるや、彼が生まれて初めて経験するものであり、彼のセツナへの怒りは頂点に達していた