スロット 新台 偽 物語

スロット 新台 偽 物語

でも不思議なもので、旦那様の"主様"を迎えるに相応しい、そんな"動物"でもあるわ」そこまで妖艶にも見える印象で語っていたエリファスは不意に、キュッと唇を閉じる

そして"旦那様"の主たる方を象徴する幻想的な生き物を見詰めたなら、不意に彼女の雰囲気を全て"哀しみ"に変える

古(いにしえ)の記憶でも、自分の"兄"と名乗ろうとした存在に尋ねる

「ねえ、兄さん

あなたも好きかも:世界で一番強くなりたい パチンコ セグ
兄さんと、あの賢者さんは、"最初からわかっていた"んじゃないの?

だから、試したんじゃないの?

あなたも好きかも:コブラ パチンコ
アルセンが、"ガブリエル"が一番悲しんでいるのは―――」「エリファス」アルセンがエリファスを後ろから抱き締める

あなたも好きかも:パチスロ 黄門ちゃま 喝 天井
後ろから抱き締め、国に英雄として認められてから漸く背を追い越した親友の頭に自分の綺麗な顔を寄せて、何かを堪える様に固く目を閉じ、ゆっくりと緑色の瞳を見開き、もう一人の親友を見詰める

「"グランドール"、私が"何に"に本当に怒っているか、今はどうでもいい」いつも丁寧な言葉ばかり使うアルセンが、そう断言したならば、エリファスは再び悲しそうに、今度は唇を噛み、未だに痺れる手を親友の手袋を嵌める左手に添える

その添えられる様に伸ばしされた手を、アルセンは確りと握り返した

「私は"エリファス"がいる限り、どこまでも、彼女の親友です

行きましょう」アルセンがエリファスを促し、巨大なグリフォンの背に乗せる

「―――ぜってえ、これって銃をぶっぱなしても"焼け石に水"って奴ですよね?」今日だけで、何度詰め直したか覚えていない回転式弾倉をシュトは閉める

詰め直しながら、先程まで自分が跨がっていた一角獣という馬に比べて、獰猛な鋭い目付きと、突っつかれたなら、肉を引き裂かれそうな嘴をもったグリフォンを見て、皮肉な笑みを浮かべる

「さて、それは試してみらんとわからんのう」そんな事を言いながら、グランドールは右肩を叩いていた