24トゥエンティフォー

24トゥエンティフォー

 同じように、カナミの膝あたりから『紫の糸』が伸びていく

あなたも好きかも:コードギアス 反撃のルルーシュ パチンコ やめどき
 真っ赤な水面に、濃い紫色の線が刻まれた

 それは雷が奔るかのように素早く、蜘蛛の巣状に――いや、『血陸』に亀裂を入れるかのように伸びた

色合いのせいか、本家よりも少し禍々しい気がする

あなたも好きかも:アピア パチンコ
 ヒタキと違って、ゆったりと渦巻かせないのは量の問題だろう

 二ヶ月間、ずっと鍛錬してきた劣化版の『糸』だが、それでもカナミは最低限の本数を心がけているようだ

あなたも好きかも:スロット 涼宮ハルヒの憂鬱 設定判別
 その『紫の糸』に触れた『血の魔獣』たちは、びくんと身体を跳ねさせた

「――《ディスタンスミュート》」 『質量を持たない神経』によって『繋がり』が出来た瞬間、例の反則魔法が這っていく

 『血の魔獣』たちは敵の魔法の侵入を感じ取り、一斉に眼球をカナミに向けた

 ただ、そのとき迂闊にも、あのカナミと目を合わせ、瞳を覗き込んでしまったようだ

 私のときと同じように、その吸い込まれるような瞳を前にして、『血の魔獣』たちは硬直する

「――――ッ!?」 『血の魔獣』たちは明らかに動揺して、動きが鈍った

 一刻も早く『紫の糸』の術者カナミを攻撃するべきとわかっていても、厚手の鎧を着ているかのように歩みは遅く、ぎこちなく、弱々しい

 それでもなんとか『血の魔獣』たちは勇気を振り絞って、腕を振り上げ、その赤く細い腕でカナミを貫こうとした

 しかし、遅い

 一瞬の時間すらも惜しむべき敵を相手に、それは遅過ぎた

 その鋭い切っ先がカナミに届く直前――、腕が燃え上がる紙のように、血の霧を噴出しながら形を失っていった

 近くの『血の魔獣』の赤い四肢が、急速な老化・風化に襲われたかのように、ボロボロと崩れ落ちていく

 当然ながら、その身体に生(な)っていた眼球も全て、血の浅瀬に落ちた