パチンコ ルパン三世歴代

パチンコ ルパン三世歴代

「…………っ! 明かりだ! 部屋かもしれねえ!」 ゲンさんの言葉に、地面しか映さなくなって久しい視界を前に向けた

確かに、そこにはさっき通った部屋への入り口と似た景色が見える

 落ちていたペースを上げた五人に必死でついていこうと、顎を上げて思い切り地面を蹴る

あなたも好きかも:777 パチンコ
もうすぐそこ——五十メートルも無い距離の筈なのに、何かに後ろから引かれているかの様に遠く感じながら、やっとの思いで部屋の中へ飛び込んだ

「…………嬢ちゃんっ!」 彼の叫びが聞こえたのは、その光景を目の当たりにする直前だった

広いだけの何も無い空間の真ん中で突っ伏している少女の姿を、描いていた最悪の光景を

あなたも好きかも:パチスロ サイレントヒル 感想
目にしたのは——誰もが黙ってしまってからだった————「…………ミラ……?」 酸欠で霞む視界の中、その姿だけははっきりと見える

白い肌は至る所が裂けて血を流し、明るい栗色の髪は毛先を焼き焦がされた様に黒く染め、穏やかな表情で彼女は倒れている

「——ミラッ! ミラぁッ‼︎」 僕は脇目も振らずに駆け寄った

さっきまであんなに重たかった足が嘘みたいに前に進む

鼓動の音だけが頭の奥からガンガン鳴り響いて、痺れて感覚の無い手は触れた彼女の体温さえ感じられない

視野もどんどん狭くなって——僕は彼の叫び声を聞き取ることが出来なかった

 僕が初めに抱いたのは、生暖かいという温度に対する感覚だった

あなたも好きかも:同棲 パチンコ
次に、強い力で突き飛ばされたという衝撃を