スロット 6.1号機 規制

スロット 6.1号機 規制

労働力はできるだけ均衡を保たせないと」「いいケド、法式使っていい?」「ご自由にどうぞ

ただし私が見てることを忘れないようにね」「んぐ……サギに対して隠すとか無理そうなんだケド

あなたも好きかも:パチンコ 万発
――ま、いっか」 その見切りの早さが吉と出るか凶と出るかはともかくも、今回においてその判断は好ましくない

もちろん鷺花は連理と敵対しようとも危害を加えようとも思ってはいないが、事実として、そもそも鷺花は魔法に対して明るくはないのだ

 どんな法式が存在するのか、くらいは知っている

どのような効果なのかも学んではいるが、それを実際に行使することも目にすることも今までほとんどなかった

それが魔術と魔法における違いだ

あなたも好きかも:せいや スロット 中段チェリー
 魔術ならば試すことが可能だけれど、法式はそもそも個人が担うものであるが故に、それを実際に目にしなくては分析も難しくなる

 これまで何もかもを見透かしていたような素振りも布石にはなっていたし、何よりも労働力の点で今まで鷺花ばかりが動いていたのも事実――それを利用して連理の法式を見ようと思っていたのも現実だ

あなたも好きかも:パチンコ ゴト 道具
 そもそも今回の件を引き受けたのも、半分はそれが目当てである

どうやら蓮華には見透かされていたようだが

「対法式についてはともかく、対魔術かあ……だいじょぶかなあ」「弱気ねえ」「何か問題あったら言ってよ? 目的を前にして挫折なんてヤだからね、私は」「私にできる範囲ならね」 とはいえ、本気で全てを任せるのは性に合わない

そう思って鷺花もひそかにアプローチを開始する

「とりあえずこれって鍵があれば開くのよね?」「そうよ」「おっけ