パチンコ クイーン2

パチンコ クイーン2

 シーンはさっきと違うらしく、聞いていて恥ずかしくなってくるような声

 猫じゃないんだから

あなたも好きかも:ギアス r2 スロット 歌
「なるほどね」 画面を切り替え、私の隣へ座るモトちゃん

「別にいいじゃない

ユウが映ってる訳じゃないんだから」「そ、そうだけど

だからって……」 一瞬ショウと目が合い、私の方から目を逸らす

あなたも好きかも:お金を稼ぐアプリ
「こんにちはー」 またもや明るい声

 今度は沙紀ちゃんだ

「私にも見せて」「どうぞ」 モトちゃんからリモコンを受け取り、例の映像をチェックし出す

「ふーん」 とだけ言って、映像を切る

「確かに、あまり褒められた物ではないわね」「で、でしょ

沙紀ちゃんも、そう思うでしょ」「ユウ

あなたも好きかも:スロット アラジン 歴代
私だって、いいとは言ってないわ

自分の彼氏がこれを見てたら、それは気分悪いもの」 私達に見据えられ、さらに小さくなるショウ

「それで、これの出所は?」「知らない」「ショウ君」 モトちゃんはいつもの穏やかな笑顔を、彼へ向けた

 でも、答えない

「男同士の約束とでも?」「ま、まあ

そういう事もある」「隠さなくてもいいと思うけど