パチンコ 明日 の ジョー セグ

パチンコ 明日 の ジョー セグ

『表示』が個人の価値全てを決定付けるほど万能だったならば、いまの僕はこうなっちゃいない

 大切なのは『数値に表れない数値』

 『素質』や『スキル』にはない武器が、僕にはある

 いままで戦ってきた守護者(ガーディアン)たちが教えてくれたことを思い出せ……

あなたも好きかも:パチンコ 久留米 グランドオープン
「ま、待て、キリスト……

何を言って、いや、何をしようとしてるんだ……?」 身の魔力を練り始めた僕を見て、ライナーは不安そうに問いかけてきた

 しかし、いまはライナーに説明する時間さえも惜しい

あなたも好きかも:北斗無双 スロット アイテム
おそらく、ノスフィーがロードを連れてくるのは、すぐだ

それまでにやらないといけない

「ライナー、少しだけ準備の時間をくれないか

あなたも好きかも:国際 パチンコ
これから、次元魔法で視たいことがあるんだ……」「次元魔法で……、視る……? な、何を……?」「――《ディメンション》」 すぐさま練った魔力を解放し、『ヴィアイシア』全体に拡げていく

これからのことに必要なのは、何よりも情報だ

 『ここ』の世界全てを覆う暗雲――、黒空で光り輝く無数の魔石の星――、その暖かで薄い光の下で焼ける国――、怒号が響き、煙が立ち昇る戦火の渦中――、瓦礫と化した多くの家屋――、その傍で鉄鎧を鳴らして駆け回る騎士たち――、いたるところで火の粉が舞い――、その火の粉の一つ一つが、赤い宝石(ルビー)の粉の如く輝いていて――…… 世界を『表示』させるつもりで、『ここ』の現状を解析していく

 火の粉舞う街道の奥――、高くそびえる城の近くに、あの二人はいない――、いたのはそこからもう少し遠く――、六十六層に続く扉が破壊されているのを見つけた――、そして、そこからこちらへ仲良く向かってくる二人の守護者(ガーディアン)がいる――、『風の理を盗むもの』であるロードと『光の理を盗むもの』であるノスフィーだ――、あと少しでここまでやってくる――、魔王と勇者相手にどこにも逃げることはできないのだと言わんばかりに、ゆっくりと―― 最初からわかっていたことだが、僕たちはもう詰んでいる