テーブルゲーム 保育園

テーブルゲーム 保育園

「もっと根本的な話をすると、あの方の匂いが無いわ

それ以前の問題として、人間の匂いも無い」「……じゃあ人間じゃないんじゃないか……? お前の鼻で感知出来ないなら……」 私の鼻はとっくに役に立たないのかもしれないわよ

と、ミラは冷静に、真面目な顔でそう言った

いや……いやいや、それは無いだろ

毎日嬉しそうにご飯食べてるし、それに工場の排気ガスの臭いに文句を言う時もある

だから、鼻がおかしくなったとかそんな……「違うわよ、バカアギト

あなたも好きかも:西八王子 パチンコ アルバイト
対策を取られてる可能性があるって話

もちろん、とても低い可能性よ

あなたも好きかも:スロット ナイツ 攻略
私のことをモノドロイドは……七桁《エペット》、ポストロイドは知らない

匂いで追い掛けてくる外敵があるなんて考えてない

でも、それは関係無い」 こうして私が臭いにイライラしてる以上、別の目的で対策を立ててる可能性はあるでしょ? ミラに言われて十秒くらい考えたところで、大きなため息をつかれてバカアギトと言われてしまった

ぐすん……シンキングタイム短いよ……「匂いを遮断する方法を考案したかも……って話よ

あなたも好きかも:スロット アイム ジャグラー
あの……なんだっけ、ごむぱっきん……? アレの気密性は凄いわ

アレをうまく使えば、外の匂いを全く通さない鎧なんかも作れるんじゃないかしら

その場合、空気をどう取り込むかとか、鍛えてるわけでも無いここの人にそれが扱えるのかとか、色々問題が出て来るけど」「でも……臭いが入ってこない……臭いが漏れない鎧が出来るかも……ってことか」 だとしたら……うん、ちょっと納得が行く

この街に溢れてる臭い……悪臭は、正直見過ごせたものじゃない

工場からも川からも漂ってくる異臭は、とても文明的な街のものとは思えないレベルにある