バリバリ伝説 パチスロ

バリバリ伝説 パチスロ

疫病が蹂躙し、死の精霊達が死者の行列となって練り歩き、今ではこの土地は深い砂に埋もれている」「…………それは、林檎のオアシスがあるところなのでしょうか?」ネアがそう尋ねれば、ロサはまた少し目を瞠ったようだ

「あのオアシスを知っているのか?」「ええ

あなたも好きかも:お年玉 パチンコ
サナアークのオアシスというところで、林檎の魔物さんから生まれたオアシスの内の一つだと、連れて行ってくれた方に教えて貰いました」「そうか

…………いや、あの砂漠はもっと東になる

そして、サナアークが砂漠になるのは、この六百年後のことだ

まだこの時代は、林檎と白百合は伴侶ではなかった」そう教えてくれたロサは、どこか澄んだ目で淡く微笑む

諦観と後悔の入り混じったような奥深い瞳の色に、ネアは、薔薇の魔物は、林檎の魔物か白百合の魔物との間に、何かがあったらしいぞと考えた

「ロサさん、この町に白百合さんと林檎さんがいるのなら、もしお二人との間に何か問題がある場合は、言っておいて下さいね

私はうっかり問題になるような方に遭遇しやすい体質なので、出来るだけ避けるようにしますから」特に遠慮もせずにそう言っておいたネアに、ロサは呆れたような疲れたような目をして、隣のオズヴァルトにどこか不憫そうに見られている

オズヴァルトは元王族らしく高位の魔物の存在を人事不省にならずに受け止めはしたが、とは言え会話はぎこちないままであるし、畏れのようなものは隠せずにいる

魔物が持つ白というものは、そう易々と受け止められるものではないようだ

あなたも好きかも:スロット ガメラ 設置店
「………この国が滅びるまでは問題ない

それと会話が逸れたが、この国は選択の魔物と欲望の魔物の蹂躙を受け、最終的には終焉の魔物に滅ぼされている

街の瓦礫一つすら残らずに砂になったのは、最高位に近しい魔物達が複数でこの国を灰燼に帰したからだ」「…………選択の魔物さんと、欲望の魔物さん

そして終焉の魔物さんですね」ネアは、何とも言えない気持ちでその名前を反芻した

どの魔物も良く知っている魔物だが、この影絵の中にいるのはネアの知らない時代の彼等なのだ