枕崎 パチンコ 屋

枕崎 パチンコ 屋

『あら、嬉しい!エリファス、療育に興味を持ってくれたんだ

じゃあ、ロップ様のところに案内する、道すがらに話すわね』最初に、"療育"というのは、言葉だけで言うのなら、"医療"と"保育"が組あわさってできた言葉とメイプルは捉えていると、話してくれた

あなたも好きかも:ナムコ ゲーム機
『それで、エリファスはロップ様に接した事で、もう判っていると思うんだけれど

ロップ様の体は、十分健康で五体満足で、運動神経も抜群なんだけれど、"コミュニケーション"能力が著しく乏しいの』少しばかり伺うような視線を、紅い瞳から投げ掛けられたのを受けて、エリファスは頷く

『それは最初話したことで何処と無く判った

でも、すごく言葉の悪い例えになってしまうんだけど、それは知恵の成長が著しく遅いって事ではないの?』エリファス自身は、身体は今隣で案内をしてくれているメイプルと同じぐらい発達しているが、心はロブロウにいるアプリコットと同じぐらいの成長しか出来てはいない

それでも、どちらか言えば、気障で優しいジュリアンのお陰もあってか、"本来の年齢"の割りには、大人びて優しい少女でもる

そして、ロブロウでで賢者を祖父に持つ、本ばかりを読む仮面をつけた少女と、共に学んだ知識と、優しいながらも残酷な傭兵との経験があわさって、丁度思春期の"歯に衣着せぬ"物言いとなって、エリファスの感想はメイプルの耳に届いた

『うん、そうよね

やっぱり、"そういうふうに"見えるし、感じちゃうよね』だが、メイプルは明るく笑いながら、エリファスの言葉をまず受け入れた

『ところで、エリファス、話を思いきり変えちゃうけれど、7,582×4,856の計算は直ぐに出来る?』『え、何よ、いきなり

あなたも好きかも:パチンコ 定量制 東京
その、紙とペンがあれば出来るけれど

十露盤(そろばん)を使って良いのなら、もっと早く出来るわ、ちょっと待って』何かの"例え話"が始まったのは、判るけれど何となく負けん気が出てきてしまって、鞄にしまっている十露盤にエリファスは手を伸ばすと、メイプルが申し訳なさそうに、それを止めた

『適当に使った言葉だから、気にしないで