アタッカー パチンコ

アタッカー パチンコ

せーの……で、出すからな

あなたも好きかも:江戸川 パチンコ屋
せーの……で……うん、せーのでいこうな…………せー…………せー…………の、で……」「い、いきましょう…………せーの…………で……せー…………っ

せ、せーの……で、いきますからね」 フリじゃねえんだ

これはさ、ガチなんだ

あなたも好きかも:スロット リング 天井
マジで汚過ぎるし、中見たくなさ過ぎてこうなっちゃうんだ

ジップ□ックじゃないんだ

決して、密閉出来る袋じゃない、かなり簡素な巾着なんだ

そしたら……中で一体何匹の虫が死んで…………ぞわわわわっっ

だ、だけどやらないといけないから…………せーの……で、いくんだ……うん……せーので…………「お兄ちゃん達、何してるのー?」「————どっしぇぁあああ——っっ⁈」 どっしぇぁあああっ⁈ なんだその声⁈ 不意に背後からかけられた声に、驚いて袋を落としてしまった

あなたも好きかも:9のつく日 イベント スロット
落として…………ばすん

と、間抜けな音を立てると、それは少々の埃と一緒に空気を吐き出した

あれ、この様子だと……中は綺麗そう?「——じゃなかったぁっ⁈ び、びっくりさせないでよ、もう! って……あれ?」「えーっと……ごめんね……? もうご飯の時間になるのに、こんなとこで何してるの?」 背後に立っていたのは、ミラくらいの背の猫顔の少年だった

ということは、大体十歳かそこらだろうか

でも、割とみんな体大きいからな

喋り方的にも……七歳くらいかも