パチスロ おおうみ4 そに子

パチスロ おおうみ4 そに子

ありがとう

エマ!」 人間の天敵であるヴァンパイアの名を聞き、一瞬戸惑うノティアだが協力して貰っている身であり、悪い者たちじゃないと理解しているので信用してロキに向き直る

『フム、よりによって大した事の無い者達が残ってしまったか』「ふふ、ブランクありであまり強くない貴様程度、大した事の無い私たちで十分と判断した次第だ」「それに、デュシスやヴォーリアも実力はほぼ私と同じよ

エマだってかなりの実力者だもんね!」『減らず口を』「その言葉、そっくりそのまま返してやろう」 エマとノティアを見たロキはつまらなそうに吐き捨てるが、その二人の返答で少しイラついたらしい

そのまま二人の挑発に乗り、ロキは更に炎を広げて二人へ構えた

『フッ、その余裕

即座に消し去ってやろう』「「貴様もな(貴方もね)」」 エマとノティアが言葉を被らせて言い、力を込める

あなたも好きかも:パチンコ 悲劇
 ライとゾフルが別の場所で戦う中、エマ、ノティア、ロキの戦闘が再開された

一方では自分の収める場所を護る為に向かったデュシスとヴォーリア

その二人と他の場所の手伝いに向かったレイ、フォンセ、リヤンの三人

あなたも好きかも:浜崎あゆみ パチンコ ピンポン
戦火の波は"ポレモス・フレニティダ"全体に広がる

それによって戦争はより激しくなるのだった

──"ポレモス・フレニティダ・西側"

「チッ、こりゃマジだったな

何かよく分からねえ兵士が彷徨《うろつ》いてやがらぁ」『『『…………』』』 ノティアに言われて自分の収めている西側にやって来た──デュシス

 デュシスは物陰から様子を窺い、自分の収める場所が戦場に成り果てた様子を眺めていた