ハワイ・ティキ

ハワイ・ティキ

 しかもユンナは姿も時折り、周りの景色に溶け込んでいく

あなたも好きかも:カジノ チップ 持ち出し
「何、苦戦してんのよ! ――アーク・プレッシャー!」 バークの周りに土色の魔法陣が展開すると、その中だけ強く振動する

 その魔法がどんなものかわかっているバークは、後退して回避すると、「あぁん!」 魔法陣の中から艶っぽい声が聞こえてきた

 中に不自然に揺れている景色を確認すると、バークは斬りかかる

あなたも好きかも:パチスロ 実機 相場
「そこか!」 斬りかかった場所にはユンナがやはり隠れており、斬り付けることに成功

「いやぁん!」 またしても色っぽい声を上げて、後ずさる

あなたも好きかも:リン かけ スロット
「いちいち変な声だしてんじゃないわよ!」 バークに対し、ヤラシイ声を出されるのが気に食わないサニラは文句を吐く

「だぁってー、痛かったんだもぉん」 とか言いつつ、腕が軽く斬りつけられた程度だった

「バーク、さっさと決めるわよ」「お、おう……」 どこかぽやんとした生返事に女の勘が働いたのか、サニラは苛立った声で尋ねる

「アンタ! こんなあざとい女の色香に当てられたんじゃないでしょうね?」「っなわけねぇだろ

大丈夫だ」「いや! 駄目だ

彼女にバークを戦わせるのはマズイ」「え?」 ジードの忠告通りにはさせないと、ユンナは果敢に攻めに入り、近接戦を続ける

「ええー

そんなこと気にしないでぇ、私と踊ろ? ね? 可愛いバーク君」「お、おう! 相手になってやるぜ!」 ユンナはくねくねと身体を揺さぶりながら、短剣で身体をできる限り、近付かせながら戦う

 バークもしっかりと刃を防ぎきる

「どういうことですか、ジードさん?」「いいから! バークを彼女に取られたくなかったら、魔法で距離を離して! ディーヴァさんとエフィさんなら彼女に対応できるはずです!」「わ、わかりました」 バークの相手を変わろうとディーヴァ達が近付こうとすると、パァンと鞭が邪魔をする

「あら? 邪魔させると思って?」「くっ……」 ジルバは長い鞭を巧みに操り、バーバルとユンナをサポートする