バイオハザード スロット cb

バイオハザード スロット cb

「……うん……」《……あ、そうそう

あなたも好きかも:パチンコ 鈴鹿 イベント
鈴木さん、退院の日が決まったよ》 優樹は「えっ?」と目を見開いて顔を上げた

「そうなのっ?」《うん

七月に入ったら自宅療養するらしいんだ

学園の方は九月から行きだすらしい》 優樹は嬉しそうに笑みを溢した

「そうなんだーっ! あっ、お祝いしなくちゃ!」《鈴木さんも楽しみにしてるみたいだよ

実が言ってた

……そういえば、鈴木さんが優樹との最後の約束を果たさなくちゃって事を言ってたらしいけど、……前も言ってたよな? それ、何?》 優樹はハッと硬直した

 ……し、しまった! 忘れてたーっ!! ヤバイッ、と思いながらも「はは……」と笑って誤魔化す

あなたも好きかも:パチスロ 重量
《……オレに言えないことなワケ?》「……

そ、そのうち……わかるよ」《……ホントに奉仕屋に入れる、とかじゃないよな? ……わかってるだろうけど、いくら退院して学園に来ても鈴木さんはオレたちみたいな健康体じゃないんだから、その辺はちゃんと把握しておかないとダメだぞ》「……

わ、わかってる」《ホントに?》「う、うん……」《絶対に?》「……、う、うん……」《どーだか》 疑い深い声に優樹は「う……」と視線を上に向けたが、ナガレを抱き直して肩の力を抜いた

あなたも好きかも:アカギ スロット 期待値
「そっか……、鈴木さんが学園に来るのか……

……」 不意に言葉を切らす彼女の雰囲気に気付いたのか、反町は心配そうに《どうした?》と声を掛ける

「……ううん

……一平君もそうだけど……鈴木さんもせっかく学園に来れるのに、流君と一緒に過ごす時間はほんの少しなんだな、って……

……かわいそうなこと、しちゃったかな……」《関係ないんじゃない?》「……

な、流君、そういう言い方は酷い……」《オレにはどうでもいい話しだよ

オレは優樹とさえ過ごせればいいから》 真っ直ぐな彼の想いに優樹は少し笑みを溢し、視線を落とした