ラン スロット ハイ グレイル

ラン スロット ハイ グレイル

ロックに"贈り物"である指輪を託し、その中途を邪魔する泥の蛇を倒し、エリファスは闇色をした泥蛇から解き放たれ、執事は無事に女神の元に辿り着いた

そして少しだけ哀しい絵本の物語の様に、この世界から消えて行くのだと、それをこの場所から見送るのだと、シュトはいつの間に考えてしまっている自分に気が付いた

出来るなら、このまま静かに離れた場所で、静かに秩序の新芽に包まれて"旅立つ"所を―――《あの別嬪な水の司ってる、天の使いはオッサンが介抱するって言っていたから、オレ達はあっちに向かうしかねえじゃん

早くしないと、あの女神も影も、あれだけ芽を出し時ながら花を咲かせない内に朽ちてしまうんじゃねえの?》シュトの考えを遮り、少名毘古那神が意見を挟み、両手を頭に乗っている多邇具久を気遣いながら後ろの位置で組む

胸に伝わってくる"花を咲かせない"という神様でもある存在の言葉に、背の高い身体がびくりと震えた

震えることで痛みも広がるのだけれど、胸の内から広がる冷たい苦い気持ちに吐き気もする

あなたも好きかも:段原 パチンコ
(結局、俺は……)―――自分の事しか、自分の気持ちが"楽"になることしか考えていない

あなたも好きかも:スロット 茨木市
哀しいけれど、綺麗に消えていく都合の良い終わりを求めている

「……シュトは移動するので、身体が痛むのなら、ここで待っている?

そのもう武器として"銃"をこの場所で使うことがないと思う

あなたも好きかも:デビルメイクライ スロット 天井
だから自分か、銃の付喪神としての姿が見えるし話せるスクナビコに預けてもいいよ」動揺も、何やかんや言いながら優しい親友が、その考えが回る頭で、自分の事を責めている事を察して、アルスは言葉を差し出す

《やだねえ、俺の始めた傭兵稼業の3代目がこんな精神面でへたれているなんて》「付喪神さん!」恐らくは銃の付喪神から伝わってきた言葉に、アルスは反射する様に即座に言い返し、親友が手にしている銃の方を睨む

《黄金色の兄ちゃん、付喪神の爺さんを睨むのなら、小豆色したコート着た兄ちゃんより背が高いから、もちっと上、こっちだよ》「ゲコココココ!」後頭部に回していた手を、シュトが銃を握っている方の位置の上の方を指差す