ミルキィホームズ スロット アンコール

ミルキィホームズ スロット アンコール

「……なんだか……汚れてる気がするのよね……

……不思議なモンよね」 ぼんやりと呟く生美を見つめ、優樹は少し視線を落とした

あなたも好きかも:ark 棍棒 パチンコ
「……私……、そういうの、しない方がいい……?」 ためらうように問い掛ける優樹に生美は少し苦笑した

「どうだろうね

それは自分で決めることなんじゃないの? それに、流だってもう堪えられないだろうし

……ん、ひょっとしたら怖くなって手を付けられなくなる、とか……」 うーん……と考え込みながらも、不安そうな顔をしている優樹が視界に映って笑ってみせた

「ま、あんたたちの場合、時間の問題よね

二人っきりになる時間と場所さえあれば、ってね」 顔を赤くする優樹に「ふふ」と笑うと、ポンポンと肩を叩いて部室に向かい歩き出す

「そうかそうか

あなたも好きかも:スロット 北斗修羅
けど、そこまで進んだンだぁー」「わ、私、へんじゃないよね?」 優樹は生美のあとをつけながら、真っ赤な顔で伺った

「へ、へんかな?」「天然記念物に認定したいわ

あんたも流も」「……

な、なにそれ?」「で、どうだった? 流、どんな感じ?」 興味津々な笑顔で覗き込まれ、優樹は顔を真っ赤にしてそろっとそっぽ向く

まだまだ初さの消えない彼女に生美は「ふふっ」と愉快げに笑った

「あんたたちって、ホントおもしろいわよねー

これからが楽しみだわー」 まるで成長を見守る母親のよう

そんな笑顔の生美に優樹は顔をしかめた

《……散々だった》「だから、いじめるって言ったでしょ?」《……いじめなんてかわいい物じゃない