高松 スロット イベント

高松 スロット イベント

 クラーラ神は、三大神には劣るが十本の指に入るような神である

あなたも好きかも:ブラックジャック 勝てない
 その神自身から問題ないと言われていたので不安は無かったが、そこはそれ、考助自身から太鼓判を貰えれば更に安心できるというものだ

「これからココロに合う神具を造ってくるからちょっと待っててね」「はい」 考助はそう言って研究室へと入って行く

 親二人が会話をしている間、子供たち二人は遊びに来ていたナナと一緒に戯れているのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦「お母様、これは何?」 ココロはシルヴィアから差し出された交神具を受け取って首を傾げた

あなたも好きかも:ガルパン スロット youtube
 案の上、隣にいたルカが物欲しそうな表情で、その交神具を見ていた

「前にクラーラ様から神託を頂いたでしょう?」「はい!」「そのクラーラ様とお話しするための道具です

あなたも好きかも:フロップ ポーカー
ですからルカ

遊び道具ではないのですよ?」 普段巫女として活動しているシルヴィアの言葉だけあって、ルカはすぐに交神具から興味を失ったような顔になった

 ルカ自身は神々と直接話をしたいという欲は無いらしい

 幼すぎて意味がよくわかっていないという事もあるのだが

 ちなみに、神々に関わることは外では口外しないようにと、厳しく言いつけているのでルカが交神具に関する話をすることはまずないだろう

 口を滑らそうになったとしても、常に傍にいる狐が止めてくれているのだ

 もっとも、最近ではそういった失敗もほとんど無くなっていたりする

「これでクラーラ様とお話しできるのですか?」「そうですよ

でも少し使い方が難しいので、練習が必要かもしれませんよ?」「わかった! 練習一杯頑張る! 頑張ってクラーラ様とお話しする!」「そう

それじゃあ、これから使い方を教えますよ」「は~い!」 言い含めるように交神具のことを説明するシルヴィアと、一生懸命に話を聞こうとしているココロを見ながら、考助はほっこりとした気分になっていた

 普段一緒に生活しているわけではないので、子供たちやシルヴィアのこうした様子を見れるだけでもうれしくなってくる