テープ装置 ドライブ スロット

テープ装置 ドライブ スロット

あなたも好きかも:筑後 パチンコ 営業
……優樹のヤツに話があったんだ」 「チッ」と軽く舌を打つ立花を見上げて、弥生は同じように振り返った

 優樹はバーベキューセットを囲むベンチで良二たちと一緒に楽しげに話をしている

あなたも好きかも:パチンコ新台デビルマン保留
「……最近、大島さんはあまり元気がありませんでした

……とどめを刺すようなことはやめてくださいね」 念のために、と釘を刺され、立花はじっとりと目を据わらせた

「とどめも何もあるか

大体、あいつがコソコソしやがんだからな」「……コソコソしたくなる、その訳を探ってあげることをやめてはいけませんよ」「やめてねぇよ

あなたも好きかも:パチンコ tuc
……やめてねぇけど、あいつは全部を隠そうとしやがんだ」「……あまり追い詰めないでください

……袋小路に弱い人ですから」「そン時ぁ流がどうにかすっだろ」「……反町君は、ここにはいませんよ?」「ケイタイがあるだろ、ケイタイが」 立花は無愛想にそう答えて良二たちと輪になっている優樹に近寄る

その背中を見送って弥生はため息を吐き、のんびりと、別の場所で談笑している加奈たちの元へ足を向けた

「おい優樹」 声を掛けられた優樹は「ん?」と顔を上げ、「ごめんね」と断ってから腰を上げて立花に近寄った

「なあに?」「ちょっと来い」 いきなりグイッと首根っこを掴まれネコ状態で引っ張られる優樹に、「また何かやらかしたのかあいつは……」と、みんな呆れを含めた哀れみの目で姿を追う

 優樹は戸惑いながらも引っ張られるままジタバタすることなく、光の届かない薄暗いペンションの裏手に回ってようやくそこで解放してもらうなりうろたえた