ゴッドイーター アラガミ 一覧 スロット

ゴッドイーター アラガミ 一覧 スロット

砂州の先端付近◆第28号信号所・「ブリュスター・オルト」 /現マヤク

あなたも好きかも:レベリング ルーレット 経験値
カリーニングラードの北西44キロ付近◆第29号信号所・「メーメル」 /現・リトアニアのクライペダ☆ バルト海と北海の小海戦 キール湾口における偵察任務は大型の徴用汽船「ホルザティア」(3,134t・12ノット・非武装)が行い、当初はプロイス海軍少尉が船長としてほぼ毎日キールからランゲラン島(南端まではフリードリヒショルト泊地から50キロ余り)までを巡航しました

あなたも好きかも:栄 スロット 優良店
 「シュトラールズント戦隊」の砲艦たちもヴァルダーゼー海軍少佐の指揮下リューゲン島付近から偵察を行い、8月1日にはエーレ海峡(コペンハーゲン~マルメ間の海峡)を目指して進み、途中「仏艦隊はコペンハーゲン近海にあり」との情報を得て引き返しています

リューゲン島の東側では、ダンツィヒを母港としたコルベット「ニンフ」が単艦偵察に勤しんでいました

 ホルザティア この8月上旬の偵察行では、独仏が接触することはほとんどありませんでした

これはウィヨーメ提督が艦隊行動を厳守して、前哨となった艦に独艦船が接近するといち早く撤退し、仏側から追撃することがなかったからでした

しかし暴風が襲った8月中旬以降となると様相に変化が現れます

 8月当初、シュトラールズント戦隊の旗艦としてリューゲン島近海にいた汽帆走通報艦「グリレ」(350t・13.2ノット・12cm砲x2)は、キール沖合からコペンハーゲンまでの偵察を予定されていましたが、10日から1週間ほど続いた暴風のため航行が出来ず、ようやく8月17日になってシュトラールズントを出航しました

1870年8月ヒデンソーで戦うグリレ 北へ針路を取って航行間もなく、メーエン島(現・デンマークのメン島

コペンハーゲンのあるシェラン島の南端南東沖)の南方沖約2海里半(およそ4.5キロ)で仏の汽帆走通報艦「ジェローム・ナポレオン」(1,600t・14ノット・12cm砲x5)を発見し、「グリレ」は砲艦戦隊の待つリューゲン島の西、南北に細長いヒデンソー島へ誘い込むため南東方向へ変針して逃走します

あなたも好きかも:トータル・イクリプス スロット 中段チェリー
ジェローム・ナポレオン(通報艦) 思惑通り「ジェローム・ナポレオン」は小さな「グリレ」を追いますが、その速度は思いの外早く、戦隊と合流する前に追い付かれると感じた「グリレ」艦長ドンナー大尉は3,400mの主砲有効射程内に入ったところで相手の足を止めさせるため砲撃を開始しました

すると砲撃を受けた「ジェローム・ナポレオン」は深追いを止めて針路を転じ、ファルスター島(メン島西

シェラン島の南端南沖)南端に向け撤退を始め、盛んに信号を送りました

その送り先は同島沖合にいたウィヨーメ提督直率の仏装甲艦4隻(提督の旗艦「サベイラント」「テティス」「ゴロアーズ」「ギュイエンヌ」と言われています)で、リミエ級汽帆走通報艦「レルミット」(1,342t・12.5ノット・16cm砲x1/14cm砲x4)を先頭に、午前11時頃ファルスター島南端を回って姿を現わしたため、「グリレ」は「ジェローム・ナポレオン」の追跡を中断し、敵艦に砲撃を加えつつリューゲン島に向かって撤退しました

 この当初、仏艦隊は2隻の通報艦と「テティス」が追撃を開始し、続いて3隻の装甲艦も後を追いますが、「グリレ」は迎えに出て来た3隻の砲艦「ドラッヘ」「ブリッツ」「ザラマンダー」と共に砲撃を加えつつヒデンソー島北端を通過して無事に当時泊地としていたリューゲン島のウィットウ・ポートハウス(島の北西リューゲン湾内