スロット 年収1000万

スロット 年収1000万

「わたくしも一年生の最優秀を目指します

お姉様の妹ですもの」「一緒に頑張りましょうね」 顔を見合わせて笑いながら待合室になっているところへと迎えば、先に戻ったヴィルフリート兄様とその側近達もまだいて、とても窮屈な状態になっていた

「ヴィルフリート兄様、通してくださいませ

あなたも好きかも:パチスロ 秘宝伝 新台
お部屋に戻りたいのです」「すまぬ

あなたも好きかも:花火 スロット たまやー
皆、移動するぞ」 ぞろぞろとヴィルフリートと側近達が移動していく

わたし達も後続が来る前に移動し始めた

「ローゼマイン!」 かなり遠くから響いてきたおじい様の声にわたしは「はい!」と手を挙げた

側近達に囲まれていたら、手を挙げても見えないかもしれないと思ったけれど、おじい様はちゃんと見つけてくれた

「最優秀を取ったと聞いたぞ! よくやった

さすが私の孫娘!」「おじい様、私も優秀者に選ばれたのですが」「おぉ、コルネリウスもか

あなたも好きかも:スロット 五千円
私の孫は優秀だな

素晴らしい

そぉい!」 掛け声とともに、おじい様はコルネリウス兄様を団体の中からガシッとつかんで両脇に手を入れて抱き上げるとブンと振り回して高く放り上げる

「うわっ!?」 ……成人に近いコルネリウス兄様を放り上げられるおじい様の筋肉って、すごい

 ほへーっと感心しながら見ていたら、わたしの両脇に大きな手が入ってくる

「次はローゼマインだ

ほれ、高い高い!」「おじい様、危ないっ!」 着地したコルネリウス兄様がすぐさまわたしに向かって飛び上りながら制止の声をかけるが、もう遅い