パチンコ 設定判別法

パチンコ 設定判別法

どうする俺、どうしたら……と水着の女子達を必死に見回しながら青くなりながら冷や汗を流していると壁側から笑い声が聞こえてきた

よく見ると山根がお腹を抱えて、こちらを見て笑っている

「あははは……但馬も苦労してたんだ……あはは」水着の女子たちはそれを見て、和んだ顔をする

「やっと本気で笑ってくれたなぁ」「そうだね

良かったぁ」マチカも頷く

メイリンも微笑んでいる

あなたも好きかも:唐津 パチンコ たまや
セイだけは納得いかない顔で「おい、タカユキ、答えろ」と俺に顔を近づけてきて、近寄ってきたタガグロから羽交い絞めにされ、マチカがさっとセイの足を抱えて「じゃ、たっくん、うちらはこれで

あなたも好きかも:パチスロ 紅き魂は桜の如く
 キョウカちゃん!!みんなも行くで!!女子会第二幕、本音編や!!」「タガグロちゃん、タカユキさんのこと色々聞かせてよー」マチカがタガグロにそう頼みながら、「おい!!勝負はまだ終わってないぞ!」と喚いているセイを部屋から運び出していく

「ええで

あなたも好きかも:エヴァ 6 パチンコ
何がききたいん?」「夜のこととかも……」「交渉しだいやな……」タガグロはにやりと笑って頷く

「え、いや、ちょっと、待って……あの、これは何……」俺が立ち上がって止める間もなく、五人の水着の女子たちは部屋から出て行った

俺以外、誰も居なくなった部屋の窓の外が夕暮れで赤くなっているのが視界の端で見える

女子が五人も水着で迫ってくるのを、実際に体験した人はそう居ないだろう

漫画やアニメなどのハーレムものでは良くある光景であるが現実にそういうシチュエーションになってみると女性特有の匂いや、そしてこちらへと飛び交う興味の視線男性とは違う曲線を持つ身体から発せられる生命力の迫力などで意外と恐ろしいものなのである

俺は興奮するとかそういうこともなく、ひたすら萎縮した自分の身体をとりあえず元に戻すためにソファに座りなおす