ビーナスライン スロット 中古

ビーナスライン スロット 中古

ユーリさんも僕を止めるくらいわけ無い筈だが、黙って見守っていてくれた

あなたも好きかも:高雄 社長 パチンコ
口では色々言うものの、やはり彼は優しい人だ

その注意も、全部僕の身を案じてくれてのことだろう

僕と……僕の僕を

あなたも好きかも:パチンコ チョイ打ち
 随分長く感じた廊下も終わり、僕とオックスは部屋の前に辿り着いた

ユーリさんは立場上付いて来るわけにはいかないのだろう

荘厳な漆塗りの扉を僕らだけで押し開ける

そこには、思ってもみなかった状況が待ち受けていた

「…………でへっ……いやぁ……堪らん、堪らないよ……うへへ……っ⁈ のわっ⁉︎ き、君達は⁉︎」「……な、何やってんですか……?」 そこには、膝の上にミラを乗せて、とても偉い人とは思えない……とても臣下には見せられない顔をした巫女様がいた

革張りだろうか、結構豪華な一人掛けの椅子に二人で……百合なの? やっぱり……やっぱりそういうことなのっ⁉︎「ユーリめ……あいつがお人好しなのは今に始まったことじゃ無いにしてもだ

最近はどうも僕への忠誠心がだな……」「あの……マーリン様……? そろそろ離して……というかこれは一体……」 成る程

あなたも好きかも:在特会 パチンコ
全てを理解した

どうやらこの巫女様はガチだ

ガチのそういう方だ