gi スロット トウカイテイオー

gi スロット トウカイテイオー

「…………誰がこいつの食事をおかしなことにしたんだ」「あら、出会ったその日からポリッジを食べてくれましたよ?」「お前だな………」アルテアは、口では呆れてみせながらも、銀狐用のお皿のパイは小さく切り分けられていた

それぞれ一口でぱくりと食べられるようになっているので、ヒルドもほっとした顔をしている

後はもう、介添え人がその小さく切り分けられたパイの上に、クリームやらジャムやらを乗せてやればいいだけなので、銀狐もヒルドも双方手間が少なくて済む

今度はジャムで一口食べて美味しかったのか、銀狐はまだ冬毛な尻尾を振り回してムギーと鳴いていた

あなたも好きかも:パチンコ イーグル 東苗穂
小さな足をてしてしと踏み鳴らしながら弾み食べているので、ネアは柔らかなお腹の毛を撫でたくて指先がうずうずする

あなたも好きかも:どあ パチンコ
「アルテアさんも早く食べて下さい

このパイは世界一ですよ!」「そりゃ、作ったのは俺だからな」「パイの生地が溶けたクリームでじゅわりとするのが堪りません!…………む

突如としてテーブルの真ん中に現れた、この銀色の覆いのかかったお盆はなにやつでしょう…………?」「何度も往復するのはごめんだ

残りは勝手にそこから取って食え」 アルテアがそう言って指し示した銀のお盆には、魔術で焼きたてさくさくを維持したほかほかパイが沢山準備されていた

横に置くだけでは数が多くて重なってしまうからか、ブックスタンド方式で立ててあるのが面白い

あなたも好きかも:パチンコ 稲沢 コンコルド
ネアは本棚をイメージしてしまったが、よく考えれば、市井の屋台などでも揚げ物をこのようにして保温していたような気がする

「わんこパイシステム!」「わんこぱいし…………?」すぐにご主人様の発言を真似してしまう系の魔物が隣で首を傾げていたので、ネアは自由に次から次へとお代わりをいただける仕組みなのだと説明してやる

何という強欲な仕組みだろうと、ディノは慄いたようにこくりと頷いた

ウィリアムは、どこか困惑したようにパイをがつがつ食べる銀狐を見ながら食べている

「……………エーダリア様?」そこでネアは、ずっと静かに、けれどもパイはきちんと美味しく食べていたエーダリアに声をかける

何かを考え込むような様子があり、少しだけ心配になったのだ

こちらを見た鳶色の瞳は無防備だが少し冷たく、ネアは、エーダリアが思いを揺らしているのは自分のものだけの悩みではないのだなと考える