浦安 スロット やなぎ

浦安 スロット やなぎ

そして、そんなものを量産しようと考えているミドガルドには恐ろしい物を感じずにはいられないし、量産の暁には、神聖ディール王国の一強時代が訪れるのではないかとさえ思える

が、そんな時代が来るのは、当分先の事になるだろうというのがミドガルドの感想だった

なぜならば、ミドガルドの研究が進んでいないからだ

あなたも好きかも:ラウンドワン 岸和田 スロット
 魔晶人形を動かすには黒魔晶石の心核を必要とするのだが、黒魔晶石の心核を起動するには、セツナの発する特定波光が必要だった

あなたも好きかも:パチスロ ルパン三世 天井
ミドガルドは、セツナの特定波光を研究することで、他の方法で特定波光を再現できないかと考えているのだ

あなたも好きかも:パチンコ パーソナルシステム 導入店
もし、特定波光を再現することができれば、魔晶人形の起動にセツナの存在は不要となり、となれば、魔晶人形を量産することも可能となる

『その場合でも、ウルクはセツナ伯サマを主と認証し続けたままでしょうが』 とは、ミドガルドの言葉だ

彼は、研究が実った暁には、ウルクをセツナの側に置いておくことも吝かではないともいっていた

愛娘を嫁に出すようで心苦しいが、とも

 しかし、そのためには、セツナが魔晶人形の調整器の扱い方を覚えなければならないという

でなければ、ウルクが万が一機能不全に陥ったとき、どうしようもなくなるからであり、常に最高の状態を保っておくには定期的に調整器を使い、ウルクの状態を最適化しなければならないからだ

そのため、セツナはここのところミドガルドから調整器の扱い方を学び始めていた

ミドガルドは、セツナ以外のほかのだれかには教えることはできないらしい

頭のいい研究者に調整器の扱い方を教えると、そこから魔晶人形の秘密を探られるおそれがあるからだ

『それ、俺だとそんな心配はないっていってるような気がするんですが』『その通りです』 ミドガルドの歯に衣着せぬ発言は、嫌いではない

 そんなことを考えながら、セツナはウルクが掲げていた腕を下ろすのを見ていた

矢の雨は、止んだ

城壁破壊の衝撃が大きく、弓兵たちの動揺を誘ったに違いない

 ウルクの長い髪が舞い上がり、うなじあたりの排熱口から熱が排出されたのがわかった