所沢 小手指 パチンコ

所沢 小手指 パチンコ

 空には昼と夜の境界線が引かれ、藍色の闇が静かに伸びる

あなたも好きかも:ビーマックス スロット リーチ目
奥からは小さな月が静かに顔を覗かせた

 俺達四人の一日が終わり、俺達は廃墟のようになった自然に覆われたビル群の街から“転移《ワープ》”を用《もち》いて拠点に戻った

***** ──夜

あなたも好きかも:スロット バジリスク絆2 バジリスクタイム
拠点となる自宅に戻った俺は一人、崖の上の自宅の屋根の上で外の様子を眺めていた

 特に理由はない

なんとなくボーッとしたい気分なだけだ

中二病的な要素も少し入っているかもしれない

「ライトさん

何をしているのですか?」「ユメか

あなたも好きかも:zap パチンコ 千葉
特に何もしていないな

強いて言えば空を眺めている

……ハハ、何か臭い言葉吐いちゃったな」 そんな時、ユメが隣に座って話しかけてきた

 そう、現在拠点の自宅には俺のみならず、ユメやソラヒメ、セイヤ達の三人も居る

 各々(おのおの)の自宅に帰る案もあったが、この世界では一人だと何かと危険なので同じパーティという事もあり、一緒に過ごしているのだ

「そうですか

それにしても、本当に星がよく見えますね……普段は夜も明るいのに、星と月以外の全ての明かりが消えています……」「そうだな……この世界がゲームの世界になったなら松明とか置いていても良さそうだけど、そう言った物もないから星とかがよく見えるんだろうな」 星と月がよく見える空

それはこの世界の賜物……とでも言うのだろうか

その辺は俺には分からない