大船 駅 パチンコ

大船 駅 パチンコ

フードを外していたので、ネアの髪の毛は重たく濡れてしまっている

男前に絞り上げたものの、乾くまでには少し時間がかかりそうだ

普通に全身濡れた筈のノアより、女性である分、ネアの方が被害が大きく見える

「まずは乾かそう

雨は止む気配もないし、どこかに入った方がいいね」「普通にお店でなければ、どこぞの軒下で結構です」「警戒する方向は、とりあえず体調に向けようか

とりあえず今は冬だからさ」「世界の反対側のくせに、なぜこの国も冬なのでしょう

解せぬ」「あ、怒りの矛先はそう向かうんだ……」警戒心丸出しのネアをノアが避難させたのは、香草畑の一角にある、石鹸のいい香りのする一軒のお店だった

少し歪な石造りの一軒家で、家壁は見事な蔓薔薇で覆われている

あなたも好きかも:スロット 懐かしい機種
こぢんまりとした庭は丁寧に手入れされており、店内も丁寧に掃き清められているので、そんな綺麗な床に雨の雫を落とすのは、何だか申し訳ないような気がした

あなたも好きかも:闇カジノ 求人
「営業時間外に入って大丈夫なのでしょうか?」「店主兼家主が知り合いなんだ

今はここに間借りしていてね」「………意外です

ノアさんでも、誰かと共同生活が出来るのですね」「ネイの僕の評価どうなってるわけ?」くるりと見回したが、店舗の明かりは落ちている

ノアが手をかざして、室内の照明に魔術の火を入れてくれた

「タオルを貰ってくるから、適当に見ていて」「ご迷惑をおかけしてごめんなさいとお伝え下さい」「はいはい」ぱたぱたとノアが店舗の奥に消えてゆき、ネアは閉店後の店内に一人で残された

どうやら、ハーブなどの石鹸を量り売りする店のようだ

葡萄酒の香りの石鹸があまりにいい香りなので、ネアはその棚に近付き深呼吸してしまう