艦これ オンラインゲーム

艦これ オンラインゲーム

 一連の流れるような光景を見ていたフローリアは、苦笑しながら隣に座っていたシルヴィアを見た

あなたも好きかも:モンハン スロット プレミア 演出
「いつものことながら、ごく自然な流れだったな」「これを見てナナが飼い犬ではないと思う人は、少ないでしょうね」 フローリアの言葉を受けて、シルヴィアも同じように少しだけ苦笑しながら同意する

 どこからどう見てもいまのナナは、人に飼われるために改良された愛玩動物にしか見えない

 実はその中身は、Aランク冒険者すら返り討ちにすることができる存在だとは、誰も気づかないだろう

「だらしなく寝ている人の上で、無防備な状態で同じように寝ている姿を見て、実は最高の護衛だと見抜ける者はどれくらいいるだろうな」 まじめな顔でナナのことをそう論評したフローリアに、シルヴィアがクスリと笑った

「普通はいないでしょうね

そこまで実力があるのでしたら、私たちの耳にも入ってきているでしょう」「まあ、それはそうだな」 シルヴィアの答えに、フローリアが頷きつつ同意した

あなたも好きかも:タイガー スロット 相模原
 いまのナナの実力は、Aランクモンスターを超えてSランクになり、さらにはSSランクに近付きつつある

 ちなみに、Sランク以上のモンスターは、現在ではドラゴン以外には確認されていないほどの幻のモンスターだ

 とはいえ、塔の上層にはゴロゴロとそんなモンスターが存在しているのだが、せいぜいがSランクである

 ただ、アマミヤの塔の第九十八層や第九十九層になれば、SSクラスのモンスターがエリアボスのような感じで存在している

あなたも好きかも:わんわんパラダイス パチンコ 女の子
 それらのクラスに近付きつつあるのだから、ナナがどれほど規格外なのかがわかるだろう

 ただし、いまの外見ではそれはまったく見抜けないうえに、高ランクのモンスターから感じるはずの圧力のようなものもまったくないので、先のふたりの台詞に繋がるのである

 シルヴィアとフローリアのふたりがなごんでいると、シュレインがくつろぎスペースに入ってきた

「なんじゃ

考助はいつもの通りか」「うむ

本当に、いつものことながら、気持ちよさそうに寝ているよ」 半分呆れ口調のフローリアだったが、その視線はどこまでも優しかった

 そのフローリアの表情を見て、シュレインは一瞬だけ楽しそうな顔になったが、すぐにその表情を真面目なものにした

 そして、その視線をシルヴィアへと向ける