メガロポリス ぱちんこ

メガロポリス ぱちんこ

あなたも好きかも:ボーダーライン パチンコ
 剣は宙を舞い、結晶の積もった地面に突き刺さる

あなたも好きかも:スロット アメリカンフットボール
 それは剣士同士の戦いにおいて、『武器落とし』という決着がついた瞬間だった

 時が止まったかのような静寂のあと、僕の剣が弾かれたのを認識した観客たちが歓声をあげる

 結界の外から試合を見ていた司会が叫ぶ

「――け、決着でしょうか!? 最高の剣の応酬が見られると思いきや、闘技場に展開されたのは魔法よりも幻想的な世界っ! そして、光と光の交錯の果て、一呼吸の休憩が挟まったと思った瞬間、カナミ選手の剣が弾き飛ばされていました!!」 誰よりも驚いたのは僕だ

 ローウェンは確かに、『魔法』と言った

「い、いまのは――」「私の魔法だ

……別に魔法が使えないとは言ってない

嫌いなのは確かだが」「いまのが魔法……? 本当に……?」 魔力の運用は全くされていなかった

 それは間違いない

 つまり、身体の運用だけであの結果を引き寄せたということになる

 それは、この世界の法則――世の『理』において、ありえない

「括りでは『魔法』になるらしい