pachinko wins

pachinko wins

さて、リッサ海上のペルサーノ提督は、サン・ゲオルク湾への装甲艦突入を沿岸とその背後のコスモ・アンドレア高地に点在する砲台群により阻まれ、既に夜を目前にしてこの日は上陸を断念せざるを得ませんでした

せめてもの勝利の証が欲しいペルサーノは最後に港から離れた砲台を壊滅させることにして、艦隊の全力で一つの砲台を攻撃することとしました

 ペルサーノは全力砲撃の目標を「ウェリントン」砲台と定めます

あなたも好きかも:フリースピン
たった6門しかない大砲によりこの日最も激しく長時間に渡って抵抗を続けたからであり、翌日も攻撃を考えるならここに沈黙してもらうのが一番です

 1700、ペルサーノ艦隊装甲艦の全力攻撃が始まりました

装甲艦はウェリントン砲台を半円に囲んで集中砲火を繰り返します

オーストリア側も負けじとベンディンク砲台とツェッパリーナ砲台も対岸の西から援助の砲撃を繰り返しました

あなたも好きかも:パチンコ ドットコムパワー
 イタリア艦全力の砲撃はすさまじいものがありましたが、砲台との高度差のため多くの砲弾は砲台を越え付近の森林に着弾し、爆風で木々は倒され、方々で発火して山火事を起こしていました

しかし砲台自体の被害は少なく、砲兵の士気は高くイタリア艦隊に負けじと応射を繰り返すのです

 この砲撃戦も2時間を越え、1900となったところでイタリア艦は砲撃を止め、多くは湾から出て行きました

これはペルサーノ提督が砲撃の効果が薄いと感じ、また、長時間の砲撃で水兵の疲弊が激しいことなどを案じたために「砲撃中止・艦隊集合」を命じたからでした

 ただ、ヴァッカ戦隊だけはウェリントン砲台の前でなおも粘り、激しい砲撃を続けました

あなたも好きかも:メモリ増設 スロット 順番
ウェリントン砲台は変わり果て外壁は崩れて穴が開き、特に北側の壁面では深刻な破孔が開き、砲台の石壁は崩壊寸前となったのです

とは言え大砲自体は無傷で砲撃を続けており、ヴァッカ提督も遂に諦めて2000、その戦隊は転回しサン・ゲオルク湾を出て行ったのでした