やきんびょうとう スロット

やきんびょうとう スロット

 メイドに案内されてやって来た弥生は、広間の前で出迎える優樹にぺこりとお辞儀をした

「……本日は、お招きいただきありがとうございます……」「い、いらっしゃい、武田さん

来てくれて嬉しい」 黒尽くめの怪しげな格好をした弥生に、優樹は頬を引き攣らせながらも笑顔で「どうぞ」と招いた

あなたも好きかも:バカラ コレクション
「武田さん、いつもクリスマスは何やってるの?」「……集会に出ています」「……、な、なんの?」「……あまりお聞きにならない方がよろしいかと……」「……

わ、わかった

あなたも好きかも:まどマギ2 スロット マギカラッシュ
……どうぞごゆっくり」 深く詮索することなく怯えながら通すと、白川は「来たな!?」と、ズボンのポケットから取り出した十字架を彼女に向けた

あなたも好きかも:スロット アンコール 広島
 そして……「……こんばんは」「いらっしゃい

来てくれてありがとう」 ためらいながらも小さくお辞儀をした鈴菜を出迎えて、優樹は微笑んだ

「この前は、本当にありがとうね

……矢野さんがいてくれて、よかった」「えっ……そ、そんなっ……私なんかっ」 恥ずかしそうに顔を赤くし、焦ってブンブンと首を振る鈴菜に「さ、どうぞ」と優樹は部屋に招き入れた

 鈴菜はためらいがちに何かを言おうとしたが、「やーんっ

お人形さんみたーいっ!!」 かわいらしい格好をして来た彼女を見つけるなり、華音がすかさず走って飛びついた

「かぁーわいぃーっ!!」 頭に頬をすり寄せる華音にされるがまま、鈴菜は「は、ははは……」と微妙に笑う

 その姿に優樹はプッと吹き出して笑った

「矢野さん、華音ちゃんに気を付けてねー」「は……

はい……」 そんな様子を、遠目から見ている二人――

「……あいつは絶対にアッチの気があるんだ