パチスロ ロード オブ ヴァーミリオン サントラ集

パチスロ ロード オブ ヴァーミリオン サントラ集

 泣きそうになる気持ちを強引に蓋をして押さえ込み、意識して重い足を動かす

あなたも好きかも:千葉 駅 スロット
 そうだ

 近くに田宮のマンションがある

狙撃銃を預けるついでに、休んで行こう

 そのくらいは――許してくれるだろうから

あなたも好きかも:パチンコ ルパン 三世 潜伏
「――たっだいまぁ〜!!」 元気いっぱい扉を開けたクルシアを冷ややかな眼差しで迎える一人の青年

 その白衣姿と眼鏡が良く似合う高身長インテリイケメン君は、ふうと小さくため息を吐くと、魔石が大量に入った袋を渡す

「ほら、軍資金だ

持っていけ」 冷たくそう言い放つと、魔石加工の作業へと戻る

 この部屋は、ドクター用に用意した研究作業室

 そこには大量の属性を抜かれた透明な魔石やカラフルな魔石などが袋詰めにされて置かれていたり、本棚や机の上には大量の研究データを書き留めた資料が本になっている

あなたも好きかも:ダルビッシュ パチンコ タバコ
 中々器用なこの男の別の机の上には小さな魔法陣とその中には魔石が安置されている

 この魔法陣の上で細かく術式を書き込み、人工魔石を作ったり、新たな試みを試したりなど、様々な作業が行われる

 その魔法陣を展開して作業している机の周りをクルシアはチョロチョロ

「冷たくな〜い? ねえねえドクター?」「お前はいつも煩いな

少しは黙れないのか?」「ええっ!? そんなに喋ってないでしょぉ〜?」「声も存在も煩い」「存在まで否定!? わあーーん! ボク泣いちゃうよ? 泣いちゃうよ?」「……」 つっつけば突っつくほど煩くなるだけだと、目線も合わさず、会話する意思すら見せない

「なんだよ

つまんなーい」 するとクルシアは、その軍資金となる人工魔石を確認する