スーパーブラックジャック2 朝一

スーパーブラックジャック2 朝一

AN-94です」「ロシア製か

話が合いそうだが………てめえら、転生者か?」 優しそうな雰囲気はいつの間にか消え失せていた

目つきが更に鋭くなり、狩りに連れて行ってもらった時ほどではないけれど、ぞっとしてしまうほど冷たい親父の目が俺とラウラを睨みつけていた

「き、聞いてください

俺たち、実は………転生者の子供なんです」「なに?」 事実だよ

あなたも好きかも:スロット ファン感謝デー 回収
未来のあんたの子供だぞ

あなたも好きかも:パチスロ 海 物語 ミラクル マリン
 とりあえず、俺たちが未来からやってきた事は隠しつつ、極力本当のことを言おう

下手に目配せをすればバレてしまいそうなので、ラウラには目配せはしない

出来るならばいつもみたいに俺の考えていることを察してくれるとありがたい

「転生者の子供………?」「は、はい

父が転生者なんです」「父親が? ………どうせ女を何人も抱いてその度に子供を作ってるようなろくでなしなんだろ?」 い、いや………2人抱いてますね………

あなたも好きかも:スロット朝一狙い機種
ろくでなしではないけど

「ふにゅ、私たちのパパはろくでなしじゃありませんっ!」「ら、ラウラ………」「パパはとっても優しい人なんですっ! 私たちを狩りに連れて行ってくれるし、家族も大事にする人だし………」「………すまない

失礼なことを言ってしまったな」 未来の自分の事ですよ、力也さん

あんた数年後に母さんとエリスさんを姉妹そろって妻にしますからね