サイボーグ009 パチンコ 199

サイボーグ009 パチンコ 199

「今から、ここに居る全員で その三か所に向かいたいんだが

どうだろうか?」セイだけが全力で首を横に振り「シーレラントはダメだっ……セイ様は あそこの雲どもと、猫人間たちが大嫌いなんだ……」美射が頷きながら「……理由は聞かないことにして

 キドさん、無理強いは良くないと思うけど」キドも腕を組みながら頷いて「もちろん、賛同者だけだ

あなたも好きかも:パチンコ ウルトラセブン2 評価
 実は、ここに来る前にミラクにも会ってきて 来ないかと誘ったんだが、素気無く断られた」苦笑いをする

「じゃあ、セイちゃんは自分で帰れる?」「当たり前だ

ここはセイ様の星だぞ? 近くのマラナナッカ園を視察がてら お昼のワインタイムとすることにする」セイは悪げなく、遊びに行くと言い放つ

「……優雅ね」キドが笑いながら「充電しといてくれ、いずれ嫌でも アグラニウスの幻影には、ついてきてもらう」セイは微妙な顔をしながら頷いた

五分後には、キドの赤い炎に包まれた小型ユーフォーに全員で乗り込んでゲシウムの空へと飛び立っていた

さらに上昇して、宇宙へと向かう機内で相変わらず俺の膝の上に乗った美射が「キドさん、セイちゃんはシーレラントで にゃからんてぃの像は見なかったの?」ふと尋ねる、確かにそれは俺も疑問だった

キドは操縦しながら「……そこまで行きつかなかったんだよ

あなたも好きかも:パチンコ jpop
 行った初日に、巨大気象生物に襲われて 不時着した集落で、数十人の猫人たちから取り囲まれて あの調子で問い詰められてな……」「それでトラウマになったのね……」「うにゃ?そんなにひどい所なのかにゃ?」ペップがピクピクとネコミミをさせながら両目の瞳孔を細めて見つめてくる

「……雲の生き物だらけで、現地の生物たちは 意識を一体化させちゃってるわ」「うにゃにゃ……ちょっと聞いただけで なんか冒険の気配しかしないにゃ」美射はいきなり両目を輝かせ「そっ、そうよね!!冒険よ!」いきなりペップの両手を取ろうとしてサッと避けられる

あなたも好きかも:天龍 曲 パチンコ
「まだ、親しくないにゃ」「なっ、なんでぇぇええ……昨日はあんなに 濃厚に接触したじゃないのぉおおお」ペップは美射を睨みつけながら「エッチなことしたみたいに言うにゃ

 我を失った私が罰を与えてただけだにゃ」「そっ、それが……むしろ、こう被虐的な交わりが こうあれに……火を点けて、そして友情へと 昇華していくというか……」モンスターサイコが、何かまたヤバい理論を創り出し始めた

ペップは大きくため息を吐いて「今は、キドやタカユキに迷惑かかるから やめとくにゃ