田辺 パチンコ屋

田辺 パチンコ屋

最後までブローチ決めに難航したのは銀狐で、飾り木の形をした、深青のリボンと青緑がどこかヒルドを彷彿とさせるものと、青系統で纏めた橇の形のもの、赤い林檎と琥珀色のイブメリアのランタンのもので決めかねていたようだ

確かにどれも特徴があって美しく、細工の系統が違うので、この中の一つとなるとかなり難しいだろう

あなたも好きかも:ギガスルプス 斧 スロット
「素敵なものばかり候補に残ってしまいましたね

この飾り木はヒルドさんみたいな色合いですし…」「それに決めたようだね……………」「まぁ、一瞬で決まってしまいました

でも、狐さんはヒルドさんが大好きなので仕方ありません」ネアが、飾り木のブローチをヒルドのような色合いだと言ったところ、銀狐は、一瞬でそちらのお買い上げに確定したらしい

買って貰ったブローチが包まれている間、ずっとムギムギ大はしゃぎでご機嫌であった

あなたも好きかも:工作 パチンコ 風車
しゃりんと、飾り木の上の星が煌めき光の粒をこぼす

帰り際にもう一度飾り木を眺めに行ったのだが、ネア達の持つブローチの紙袋にもその祝福の光が落ちてきた

嬉しくなって紙袋で受け止めた光の粒子は、ぽわりと温かな色を残して箱に吸い込まれる

「ディノ、祝福のブローチになりましたよ」「うん

…………買ったものに祝福を添付している者達がたくさんいるようだね」「お買い物帰りのみなさんがこの周囲で休憩しているのは、そんな意味合いもあったのですねぇ……………」人々が華やかな祝祭のその飾りを見上げる姿は、いつかの世界と同じ普遍的な美しさだ

あなたも好きかも:ライオンズ パチンコ 金沢
その美しさに胸が引き絞られるような思いで見上げたのはもう遠い昔

今はただ、弾むような喜びで顔を持ち上げて微笑む

胸いっぱいに飾り木の周囲の幸せな空気を吸い込んでから、ネア達は帰路についた

帰り道になると銀狐は魔物に戻ってくれたので、ネアは何だか色々あって未だ暫定伴侶な魔物と、未来の弟と手を繋いで、街からリーエンベルクに向かうその道を歩いた