旭川 市 パチンコ 屋 休業

旭川 市 パチンコ 屋 休業

「神官や巫女見習いは、孤児がなるものだ! 親がおらず、庇護する者がいない孤児が生きていくために、仕方なくなるものだ

マインがなるものじゃない!」「孤児がなるもの、なの?」「あぁ、そうだ

親が揃っているマインがなるようなものじゃない

二度と言うな!」 取りつく島もない父の態度にただ呆然とした

そして、その一方で父の言葉に納得もできた

 ほんの少し引っ掛かっていたのだ

巫女見習いの希望者が存在することを考えていなかったような神殿長の反応や「君のような家庭の子供」という言葉に

あなたも好きかも:にゃんこ スロット 半額
「ギュンター、マインは知らなかったんだから、そんなにきつく言わないで」「……あぁ、そうだな」 苛立った感情を吐きだすように、ゆっくりと呼吸した父がわたしの頭をぐしゃりと撫でる

そして、ポツポツとお茶が飛んだテーブルを軽く拭きながら、母が少し首を傾げた

あなたも好きかも:パチンコ リリカルなのは 信頼度
「それにしても、何故マインは突然巫女見習いなんかになりたいと言い出したの?」 両親の言葉の端々から神官や巫女に対する差別意識が透けて見える

あなたも好きかも:ハチンコ店緊急事態宣言
神官や巫女はどちらかというと敬われる職業だと思っていたので、ビックリだ

「わたしね、洗礼式で倒れた後、水場を探して迷子になったの」「宿泊室にいたんだろう? 大体は部屋を出れば水場があるじゃないか」 ルッツから簡単に事情を聞いていた父が首を捻る

確かに、平民が利用する大部屋はすぐ近くに水場があることが多い

 わたしは小さく首を振った

「……わたし、晴れ着が豪華だったから、本当にお嬢様と間違われたみたいで、貴族の紹介状を持ってくる商人が泊るような部屋に通されたの

だから、すぐ近くになくて……」「あぁ、あの服なら仕方ないな」 父が何度か頷いた

母もトゥーリも納得の表情だ

「迷っている間に貴族の人が使うような場所に入り込んじゃったの」 ザッと両親が青ざめた