ライブガーデン パチンコ 栃木

ライブガーデン パチンコ 栃木

「この――あんたらは馬鹿か!」 怒声、である

 耳が痛くなった

「状況も調べずに突貫する死にたがりは一人で勝手にくたばってろ! 境界線の見極めもできないのか! 首の上についてんのは飾りなわけ!? 特に鬼灯! あんたが先導してたんでしょうが!」「む、……いや、その」「ああもう――三時間やるから休んでて

理解力はあるのに、どうしてこう情報から選択して結論を見出すって手順が疎かなんだか……これだから蓄積学科は……」「すまん、どういう意味かまったくわからんのだが」 はあ、と吐息した円つみれは、瓦礫の中に隠してあった食料と水を放り投げて、おざなりに休むよう手で示す

あなたも好きかも:パチンコ ガロ 魔界の花 保留
「妖魔は今、学園へ進軍してるの

その邪魔さえしなければ、ここまでくるのはそう難しくない

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン まごころを君に スロット 天井
けど、もう少し先に行くと境界線を越える

あなたも好きかも:スロット 秋葉原
集まっている場所に足を踏み込めば、周囲の妖魔は敵としてこちらを強く認識することになる

――わかるよね?」「……そうか、そういうことか」 進軍先が一緒ならば、それほど意識はしない

したところで、邪魔だと手を振って除外しようとする程度のものだ

けれどいざ、進軍が終わってみれば隣に敵がいる、ともなればすぐに排除しようとするだろう

 だが何故、そうであるのならば彼女は

「お前は――」「円つみれ

そっちの名前は知ってるからいらない

こんくらいのこと、ちょっと考えればわかる

……あたしが止めに入る流れもね

ミュウ」「ああ」「ん

――はいはい、あんたらはいいから休んでなって、強行軍だったろうし