オンラインカジノ 増やす

オンラインカジノ 増やす

1871年1月15日の夜から翌16日朝に掛けての一晩は、仏東部軍にとって最悪の夜となります

 気温は零下18度前後

あなたも好きかも:スロット ハイライツ
敵前線は目前1キロ前後でも、敵・独ヴェルダー軍団は前線付近に部落や農家があり、前哨以外多くは屋根の下で寒さを凌ぐことが出来ました

ところが仏東部軍の野営地は南方モンベリアール付近の第15軍団戦区以外多くが森の中で、仏将兵は凍死の危険に臨み粗朶束や切り倒した生木に火を点け、うまく燃え上がった焚火の周りを囲んで寒気を凌いだのです

この夜は無情にも強風が吹き荒れたため雪片は鋭い氷塊となって吹き飛び、最下級の馬卒から将軍までもがありったけの布を巻き付けて着膨れし、誰しもが寒さに震えが止まりませんでした

 この状況ではただでさえ中身が乏しい糧食も前線に送ることが困難で、特に兵站路から遠く離れていて東部軍にも属していなかったクレメー将軍の下には一切届きませんでした

この猛烈な寒気の中の野営はこの日に限ったことではありませんでしたが、疲弊し尽くし赤痢や肺炎が蔓延していた東部軍には止めに近い一晩となります

 将兵はこの寒さとの戦いでも消耗し、殆どの者が一睡も出来ませんでした

そして夜が明け寒気との戦いが一時休戦となると、今度は本物の死闘が始まるのです

☆ モンベリアール、ベトンクール、ビュシューレルの戦闘(1月16日)モンベリアール戦線(1月16日) 1月16日

あなたも好きかも:パチンコ 和歌山 市
独第14軍団諸隊は午前6時30分、宿営地から前線に戻ります

諸隊の配置は前日と大差なく、ただ一部に変更がありました

あなたも好きかも:パール スロット 当たり台
 ベルフォール攻囲兵団のウード・フォン・トレスコウ将軍は、南部戦線を統括指揮するフォン・グリュマー将軍の要請を受けて予備が待機するグラン=シャルモン(モンベリアールの北東2.7キロ)へ第67「マグデブルク第4」連隊の第1大隊と野砲兵第2連隊の予備軽砲第1中隊の2個小隊(4門)を攻囲網から外して送り出します

また、ブルヴィリエ周辺に待機する軍団総予備は以下の通りとなりました

※1月16日早朝・ブルヴィリエ周辺待機の独第14軍団総予備諸隊(歩兵5個大隊・騎兵5個中隊・砲兵3個中隊)○Ba第4「ヴィルヘルム親王」連隊(Ba第2旅団)○Ba第5連隊(Ba第3旅団)・F(フュージリア)大隊○第25「ライン第1」連隊・第2大隊○Ba竜騎兵第2「マルクグラーフ・マクシミリアン」連隊(1個中隊欠)○Ba竜騎兵第3「カール親王」連隊・第4,5中隊○Ba重砲第5中隊○Ba騎砲兵中隊○予備第4師団砲兵・軽砲第3中隊 独軍の諸斥侯は夜間も盛んに敵情を探りますが、至近距離に仏東部軍が野営していたため至る所で遭遇し小競り合いが続きました

その斥侯たちは戻って来ると口々に「仏軍は森林地域に集中して野営し、各所で即席の砲台や肩墻を構築中」と報告するのでした

 この日の戦端は南部戦線で切られます