スロット 辞めれた

スロット 辞めれた

 笑顔の彼に優樹は顔から血の気をなくして数歩後退し、相川はムカッと眉をつり上げ彼女の前に出た

「なんの用だ!?」「はい

大島さんとお話をしに来ました」 またかおまえは!! と、相川は不快さを露わに追い払おうとしたが、上島は構うことなく、相川の斜め後ろでキョトンとしている優樹にニッコリと笑いかけた

「お話し、しましょう」 ――そう笑顔で誘われて付いていく今の優樹ではない

 以前だったら苦笑気味に相手をしてくれていただろう彼女にためらい目を逸らされ、上島はため息混じりに苦笑した

あなたも好きかも:南国物語 スロット 打ち方
「やっぱりですか

あなたも好きかも:パチンコ 評価高い台
じゃあ……仕方ないですね

これからゲームしましょう」 唐突にサラッと切り出されて二人は「え!?」と驚き目を見開いたが止める間もない

「挑戦者は大島さんだけ、と行きたいところですけど、ついでだからあなたたち二人

あなたも好きかも:静岡 パチンコ 優良店
断ったら……そうだなあ」 有無を言わさず上島は少し天井を見上げ考えてニッコリと笑った

「断ったり、負けたりしたら、大島さんを無理矢理ホテルに連れ込みます」「そんな羨ましいことはさせるか!!」 相川が身を乗り出し顔を赤くして怒鳴るが、すぐにハッとして慌てて優樹を振り返った

「う、嘘です!! 今のは無しです!!」 焦って首を振るものの、優樹は表情をなくして固まっている――