パチンコ スケバン刑事 設置店

パチンコ スケバン刑事 設置店

「でも……今は自由に遊ばせてあげてもいいと思わない? まだ小さいんだし

まだオムツもしてるんだし

あなたも好きかも:ガルパン スロット v
赤ちゃんなんだし」 必死に縋るような真顔さで問う

そんな優樹に相川は苦笑した

「そりゃあ遊ばせてあげるのも大切だと思いますけど

……それより、そういう話し、クソ部長とはしてないンスか?」 ――なぜか胸がチクッと痛んだ

 優樹は「うっ……」と息を詰まらせて元の位置に戻ると、口をへの字に曲げた

「してない、って言うか……、まだ遊ばせてあげたいし……」「ちゃんと話しておいた方がいいと思うッスよ? 早いうちからいろいろと習い事させておいた方が世界も広がりますからね」 にっこりと笑われて、優樹は顔をしかめた

「世界が広がるのって、楽しいかな?」「楽しいと思う」 相川は強く頷く

あなたも好きかも:ファンタジースポーツ
その真っ直ぐな答えに優樹は更に顔をしかめつつ首を傾げていたが、「喉渇いたぁっ」とため息混じりの声が近付いてきて顔を上げた

あなたも好きかも:レトロ スロット 福岡
「めっちゃおもろいわ

相川、後で溺れさせたるぞ」 笑顔で予告する一平に、相川はムカッと眉を吊り上げた

「沈めるなっ! 鼻に水が入って痛いんだぞっ!」「ほなぁ鼻に入らんようせぇよ」 「アホやな」とあっさりとあしらってクーラーボックスからビールを取り出し蓋を開ける

暢気な一平に相川はムスッと頬を膨らませて、笑う優樹を振り返った

「ほらっ

拷問でしょ拷問っ」「楽しいやんけ」 喉を潤して熱い石の上に腰を下ろすと、相川は「どこがっ!」と不快げに睨んで立ち上がった

「後で絶対いじめてやるからな!」 そう捨て台詞を残す背中に、「その前に大介にいじめられとけよー」と陽気な笑顔で手を振る

そんな一平に優樹は苦笑した