パチンコ 新台 蒼天の拳 天刻

パチンコ 新台 蒼天の拳 天刻

さすが魔王、魔性を従えるかッ!』『なんか誤解されてるッ!?』 ワルギレオの感心した声に弓花が衝撃を受けるが風音は弓花に聞こえぬように『いや、誤解ではないと思う』と呟いていた

あなたも好きかも:パチンコ ガルパン 実践
さらには上空からも何かがやってきたのである

『にゃーーーー!!』 その何かとは黄金竜

すなわち『竜体化』スキルを使ったユッコネエが黄金の高熱ガスを吐きながら降下してきたのだ

あなたも好きかも:リゼロ スロット ゾーン 300
その背には狂い鬼が乗り、棍棒を巨大化させて振りかぶっていた

『黄金の竜に黒鬼か

魔王めッ! 等しく正義の鉄槌を喰らわせてやろうッ!!』 そして風音の剣撃が繰り出され、ワルギレオはそれの攻撃を右腕で振るって弾き返し、空からの高熱ガスブレスは防御すらもせず、ユッコネエの腹を左の貫手で突き刺した

 さらには狂い鬼の棍棒が振るわれるが、それを『クルミワリニンギョウ』は額で受け止め、『軽いなッ』 一気に勢いをつけて弾き飛ばした

 魔王と竜と鬼の三体がその場で吹き飛び、風音が駄目押しにと常備していた爆弾光輪を近距離で爆破させてもみたが、まるで効果がないようだった

(なんてヤツッ!?) 空中でクルリと回転させながらズシャンッと地面に足を着けたロクテンくんの中で風音は『クルミワリニンギョウ』を見た

『こりゃキツいね

攻撃が通らないや』『ジークは呼ばないの?』 大太刀から響く弓花の言葉に風音が眉をひそめる