ミスティーノ ライブカジノ

ミスティーノ ライブカジノ

「一平、大丈夫かっ?」 石田に両脇を抱えられた一平は怒りに満ちた顔をしていたが、その顔が段々と紅潮しだすと目に一杯の涙が浮かび上がる

グッと耐えるように唇をきつく噛み締め、顔を下に向けると、一平は体を震わした

「……あいつが……! ……あいつが!!」「わかってる

あなたも好きかも:武蔵溝ノ口駅 パチンコ
……もう終わったんだ

……終わった」「……っ!」 反町は足下に落ちている帽子を拾うと、涙を零した一平の顔を隠すように、パサ……と帽子を軽く被せた

 体を震わせる一平を背後から支える石田は少し視線を落とし、深く息を吐いた反町を見た

「……悪かったね

あなたも好きかも:タクシー パチンコ
……怖かったろ?」「石田さんたちを信じてたから

あなたも好きかも:三重県 48時間 パチンコ
怖くはなかったよ」 反町はそう答えると、指示を出す加藤を振り返って近寄った

「……ご苦労様でした」 小さく頭を下げる

そんな彼を見て加藤はニコリともせず、ただ辺りを見回した

「まぁ……これで学園じゃトラブルが起こる事はないだろ」「……」「失ったものが大きいのか、それとも手に入れたものが大きいのか

……それはおまえたち次第だろうがな」 加藤は言うだけ言うと、挨拶も無しに警官たちに近寄る

その背中に、反町は少し視線を落とした

 しばらくして辺りは野次馬と報道記者とでごった返し、一つの事件の終結として話題化された……――