北斗 スロット 修羅の国

北斗 スロット 修羅の国

それだけでここまで伝わり方が異なってくるのです

読み手が読んでどう反応してほしいか 感情を「伝える」には「伝わる」書き方をしなければなりません

 「出来事や事実だけを書く」「書き手の判断や感想は書かない」ことは前述しました

あなたも好きかも:ヴェガ立石店 パチンコ
 ここでは「読み手が読んでどう反応してほしいか」について書きます

どう読まれるように書くか

 「この間、高速道路で車が逆走してきたよ」は読み手をヒヤヒヤさせたい文章です

他にも喜ばせたいとか楽しませたいとか悲しませたいとか心配させたいとか怒らせたいとかいろいろありますよね

 文章はまず「読み手が読んだらどう反応してほしいか」を規定し、そこに書き手が「伝えたい」ことを載せるとよいでしょう

そうすれば「伝える」べき情報を絞り込めます

あなたも好きかも:金田一 パチンコ
 「ワクワクしたい」「ハラハラしたい」「ドキドキしたい」と思っている読み手が多いライトノベルでは、第一に読み手を「ワクワクさせたい」「ハラハラさせたい」「ドキドキさせたい」と思って書く必要があるのです

あなたも好きかも:スロット モンハン 月下雷鳴 やめどき
 そのうえで書き手が「伝えたい」ものを書けば読み手を「ワクワク」「ハラハラ」「ドキドキ」させつつ伝えたいことが「伝わり」ます

ミスマッチに注意 読み手から求められることに応えつつ、書き手の伝えたいことが伝われば言うことありません

 たとえば純粋に「楽しくなりたい」という理由から読み手があなたの小説に目をつけたとします

 そして実際に読んでみると「悲しませたい物語」だったとしたら