カジノ 新聞

カジノ 新聞

ただ、みんなの視線が反町に向かった

 達也は反町と目を合わせると、しばらく互いにじっと窺い合い、そしてフっと笑って一平に目を向けた

あなたも好きかも:御嶽山 パチンコ
……えーと……

……名前なんだ?」「……

一平や」「一平、おまえはどうなんだ?」「……なにがやねん」「天使ちゃんのこと、好きじゃないのか?」 一平は目を据わらせ、呆れ気味にため息を吐いて腕を組んだ

「あのなぁ……

いくら翔太先輩に似とるからぁ言うて、なにもかんも似とる思ーとったら大違いやぞ」「好きじゃないのか?」「優樹は仲間やっちゅーねん」「そんなことを聞いてるんじゃない

あなたも好きかも:おおぎや パチンコ cm女優
好きなのか嫌いなのかを聞いてるんだ」「……

優樹は仲間やっ!」「好きなのか? 嫌いなのか?」「仲間はみんな好きやろーが!」「じゃあ、好きなんだな?」「なんでそーなんねん!?」 怪訝な顔で身を乗り出す一平は無視して、達也は不敵な笑みで反町を見た

あなたも好きかも:パチスロ ハーデス ハーデスステージ
「あの子に合うのは渡だ」「……」「おまえには悪いけど、オレとしてはあの子の相手は一平の方がよくってね」「ンな勝手な話しがあるか!!」 エエ加減にせーよ! と、一平がさすがに怒り気味に言うが、反町はそんな達也に肩を竦めてみせた

「それを決めるのは優樹だから

オレは優樹の意志に従うよ」 達也はニッと笑って一平の肩を引き寄せ抱いた

「よし一平! おまえ、負けるなよ!」「勝手に決めンなっ!!」 反町にも敵意の眼差しを向けられ、一平は「……やめてくれー」と情けない声を出してがっくりと項垂れた

 その日の夜――

「やったね! かのんの勝ちぃっ!」 「わーい!!」と両手を上げて万歳をする華音に、優樹は口を尖らせた

「……どうして華音ちゃんばっかり……」「優樹、ぜーったいギャンブル向きじゃないよねーっ」 指差し笑われて、優樹はムスッとトランプを膝の上に置いた

 中村家にある二階、生美の部屋

 ベッドの上でファッション誌を読んでいる生美の側、優樹と華音はダブルエアベッドの上でババ抜きをやっている

五回やって全部華音の勝ちだ