スロット ソウルキャリバー 天井

スロット ソウルキャリバー 天井

それ、変装になってないと思う

前も言ったと思うけど、普通に性別が隠せてない」「くっ、やっぱ駄目か……

あなたも好きかも:四日市駅 パチンコ
格好よくてお気に入りだったけど、しばらく迷宮以外で着るのは止めとくか」 僕からも否定されて、ディアは服の裾を摘みながら悔しがる

 その様子を見て、僕は誘う

「なら、お腹も膨れてきたし、次は服屋さんにでも行ってみる? 新しい服を買いに行こう」 昨日に引き続き、衣服の買い物を提案してみた

 ただ、こちらの異世界だと、真っ当な販売店ではなく、オーダーメイド製の仕立て屋さんになるだろう

『元の世界』と違い、人種によって個人の体型・身体的特徴に大きな差が出やすいからだ

 足先を服屋に向ける

あなたも好きかも:ニンテンドースイッチ sdカード スロット
 ディアにも、クウネルのように休日を全力で楽しんでもらおうと、今度は僕が彼女の手を引っ張ろうとする

だが、それは――「いや、いい

あなたも好きかも:パーソナルシステム スロット
それよりも、『持ち物』から、顔を隠せるものをくれないか?」「…………」 拒否されてしまった

 表情から「買うほどじゃない」と、遠慮しているのが伝わってくる

 今日僕は、クウネルのときのように荷物持ち兼財布となるプランを立てていた

 だが、ディアの清貧さが僕の予想を上回り、その完璧なプランが崩れて、前倒しになっていくのを感じる

 仕方なく僕は、少し前に編み出した新術式で、ディアの服と自分の『持ち物』に干渉していく