zenfone2 スロット

zenfone2 スロット

こうして気分が落ち着くと、少し反省してきました

あなたも好きかも:銭形 スロット 4号機
私がお部屋を出たせいで、ディノ達の帰宅時間を早めてはいませんか?」そう問いかけると、大事な魔物は大丈夫だよと微笑んでくれた

だから、一人上手の人間のどうしても封じ込められない一つの欲求は、まだ少しだけ秘密にしておこう

あなたも好きかも:カジノ フロア
やっぱりあの扉を開けなくて良かったと微笑んだネアだったが、部屋に帰ると魔物がとても硝子戸を警戒していたので、実は全部見られていたのかもしれない

なお、ヨシュアは暖炉から離れなくなってしまい、イーザに引き摺られて漸く帰って行ったそうだ

また来ると話していたと、ヒルドは少しだけ遠い目をしていた

「時折ね、それでもと考えることはあるよ」そう微笑んだ魔物はその睫毛の影に艶やかな翳りを揺らし、その瞳の影の向こうで何を思うのだろう

「彼女はどこにも行かないし、私を見捨てない?…………だとしても、それは彼女の選択だ

であれば、その選択と対になった打ち捨てられたもう一方はどのようなものだろう

それは永遠に陽の目を見ないものなのか、それともいつか、こちらの選択を打ち破る棘なのか」風に、細やかなダイヤモンドダストのような風花が混じる

空は晴れていることもあり、一瞬雪だとは分からない程の細やかさだが、ウィームでは決して珍しい光景ではない

この儚い雪は、風に舞いどこからともなく吹き込んできては、万象の虹白の髪を揺らす

「だから、その選択を踏ませるつもりか?それがただの好奇心であれ、一度触れさせたその選択は最早成就そのものだ

形を捉えたいとしても、そこに顕現させる機会を与えることこそ愚かなものだな」「…………かも知れないね

君ならそう言うだろう

だから君がその中の危ういものを潰すのかもしれない

或いはそれはノアベルトでもあるのかな?」「さぁな

…………だとしても、本当にあいつを兄妹にするつもりか?」「…………船の係留の際に、或いは獣の捕縛の為に、一筋の鎖では繋がらないものを何本もの鎖で固定するようなことだろうか

彼女の運命はこの世界では明確な形を持たない