オンラインゲーム レビュー

オンラインゲーム レビュー

だからさ

あなたも好きかも:ヒメメメ カジノ
人間は、あんたらと比べて極めてか弱いんだ

あんたらにのさばられたら生きていけないくらいにはな」「ならば、我らがこの天地を支配し、この地上より人間どもを消し去ってくれる!」「できるものかよ」 セツナが冷ややかに告げた直後、またしても北東で光が瞬いた

あなたも好きかも:ロケットマン 水木しげる
今度は、さっきよりも近距離であり、そのことにセツナが驚いている間にも莫大な量の神威が光の奔流となって前方を駆け抜け、エンデ軍の陣形に再び盛大な風穴を開けていった

またしても断末魔の叫び声さえ上げる暇さえないまま、数多のウィレドが跡形もなく消滅している

もはやエンデ軍は全軍総崩れといった状況に陥っていた

開戦当初四千ほどはいたであろうウィレドの数は、これまでの戦闘と二度に渡る神威砲の直撃により、半数以下の一千強にまで激減しているのだ

 自分のすぐ後方で起こった大惨事にケルグ=アスルは空いた口が塞がらないといった様子であり、セツナや人間への怒りに紅く燃え上がらせていた顔を青ざめさせるほどにまでなっていた

あなたも好きかも:反逆のルル スロット
「なんだ……これは……なぜ、こうなったのだ……!」「あんたたちが人間を甘く見るからさ」「なんだと……」「人間はいつだって生きるために必死だった

生き残るためになんだってしてきたんだ

どんなにか弱くとも、どんなに儚くとも、生きるために、未来に生を繋ぐために全力だった

あんたたちのように生まれながらの強者ってわけじゃないからな

そりゃもう、必死にならざるをえないのさ」 などと、セツナは、ケルグ=アスルを煽りながら、北東から接近中の巨大な気配に注意を向けていた

無論、目はケルグ=アスルを捉え、エンデ軍将兵の動向からも意識を逸らさずに、だ

故にその巨大な圧力を持つ物体が夜の闇を押しのけるように迫りつつあることに気づくのに遅れたというのもあるだろう

想像だにしていなかった、というのが、気づくのに遅れた一番大きな理由だろうが