スティックペイ カジノ

スティックペイ カジノ

どの程度正確に読めるかは永住の技量次第となる

同盟を組んだ以上真剣に取り組むべきだなと、永住は意気込みながら集中を始めていた

日曜日なので二回分投稿これからもお楽しみいただければ幸いです

「思い切り警戒されてたわね」土御門の間にそんなやり取りがあったと知らずとも、文は土御門の面々、特に永住が康太に強い警戒心を持っていたことに気付いていた

正確に言えば警戒というにはまだ至らないような段階かもしれないが、少なくとも康太のすべてを信用しているような段階ではないと考えていた

「まぁ仕方ないんじゃないか?こいつらを預かってるとはいえ、俺って結構きな臭い人間だし

あなたも好きかも:ユニバ 近く パチンコ
きな臭いっていうか血生臭いっていうべきか?」自分でそんなことを言っていては世話ないなと文はため息をつく

康太の協会内での噂や実績を考えれば相手が警戒心を抱くのも無理のない話だ

強い人間というのはそれだけ相手に対して力を振るうことができてしまう

あなたも好きかも:練馬オーシャン パチンコ
被害を受けないように最低限の予防線を張るのは決して無駄ではない

土御門にとっての予防線が、先の同盟の話であり、永住が個人的な報酬としてそれを持ち出したのもその一端なのだろうと文は考えていた

「とにかく、土御門と同盟を組んだなら、この二人ともいろいろな意味で関係を考えていかなきゃいけないんじゃない?」不意に話を振られた双子は自分たちとの関係がいったいどのように変化するのだろうかと不思議そうに首をかしげていた

「そうだな・・・俺と同盟を組んだからには今のままの訓練じゃちょっと困るな

もうちょっと厳しめに」「いやいやいや、俺らだけの問題じゃないじゃないですか

これは家全体の問題なんですから」「そうですよ

私たちは今でも十分厳しい訓練をこなしていますよ」康太が訓練について口に出した瞬間、双子は勢い良く否定にかかる

そこまで強く否定する必要があるかと思えるほどに突っかかってくる