スロット まどかマギカ3 天井

スロット まどかマギカ3 天井

同時に、閉じた部屋を開け放ったかのように、奥から陽の光が射し込んだ

あなたも好きかも:グロッタの街 カジノ
 砕け散った空間の破片は硝子のように、星屑のような煌めきを100層に降らせる

 そして、そのキラキラと輝く空を切り裂くように、落ちてくる巨大な蒼き『流星』

 竜人(ドラゴニュート)の跳び蹴りではない

人の百倍はある体積のドラゴンが天上を体当たりで壊して、この100層まで侵入して来ていた

 そのドラゴンは僕たちの戦場に向かって一直線

 『流星』となって、落ちて、飛翔(い)く

 着弾先は、名前を叫んだディアの前

 先ほどアルティを守ったセルドラにそっくりな『竜の咆哮』と共に、その大きな体積で無数の『魔獣の腕』を押し潰して――「ッガァアアァアアアアアアアァアアアア゛アアァアア゛アア゛ア゛ッッ――――!!!!」 墜落すると共に、100層全体が揺れた

あなたも好きかも:パチンコ 藤枝駅
 隕石が落ちたかのように、浅瀬全ての水を吹き飛ばす水飛沫が、彼女を中心に爆発した

あなたも好きかも:パチンコ 愛知県 休業
 その大地震と大瀑布を起こした巨大な蒼きドラゴンに向かって、ノイは慌てた声を出す

「ド、ドドドドドドラゴン!? なんで、モンスターが、ここまで――」 もちろん、僕たちは彼女がモンスターではないと知っている

 彼女の規格外の水飛沫によって、100層に一瞬の激しい通り雨が降る

そして、その雨が上がり切ったとき、いま落ちてきた蒼の少女の姿と名前が、はっきりと分かる

 彼女は『全身竜化』をコントロールして、既にあっさりと『人』に戻っていた